働くまでの道のり|宅建は独学で学べ|夢をそのままにしたくないなら

宅建は独学で学べ|夢をそのままにしたくないなら

働くまでの道のり

男女

受験するための条件

保育士の資格を取得するためには、受験資格を満たしている必要があるので、受験勉強を始める前に必ず確認しておくことが大切です。中学卒業の場合は、児童福祉施設で決められた期間児童の保護に従事した経験があれば、受験資格が得られます。高校卒業の場合は、卒業年月日や専攻科によっては受験資格が得られる場合があるので、条件に合うかどうか確認が必要です。専門学校卒業の場合は、学校教育法に基づいた専修学校かつ二年以上の課程であることが条件になります。しかし、上記の二点を満たしていない場合でも、卒業年月日によっては受験資格を得られる可能性があります。短期大学と四年制大学の場合は、在学中または卒業していれば受験資格が得られます。

合格する方法と試験内容

保育士になるためには、保育士試験に合格する必要がありますが、国家資格のためたくさんの知識と実技が求められます。保育士資格を取得する方法は、厚生労働大臣が指定する養成学校を卒業する方法と保育士試験に合格する方法の二通りあります。最近では病院や住宅展示場、美容室や市町村の一時預かりなど保育園以外の施設でも保育士の需要が高まっています。保育士試験の受験者も増加傾向にあるので、今後さらに人気の高い資格になることが予想されます。試験内容は、筆記試験と実技試験があり両方に合格する必要がありますが、実技試験は筆記試験すべてに合格した後に受けることができます。保育士試験に合格してはじめて保育士として登録され、保育士の仕事をはじめることができます。